07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

でざいんわーくす出張所

  : 

ほぼ毎日模型

告知エリア

模型の製作代行を承ります

HPを御覧頂いたきお気軽にお問い合わせください。

また、HP記載内容以外でもご質問がございましたらお気軽に以下のアドレスまでお問合せ下さい
acquabbb@hotmail.co.jp(@は半角に直してください)

携帯からも製作代行の問い合わせを受付できるように致しました。
DesignWorks製作代行 (携帯用)
デザインナイフ大好き
上記のQRコードから専用のHPにアクセスできます。
PC用と併せてご利用ください。

△top

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

いきなりデルタプラス完成 

いきなり完成画像です。

注)写真多め

P1020163-1.jpg
P1020147.jpg
P1020148.jpg
P1020182.jpg
P1020153.jpg
P1020141.jpg
P1020164-1.jpg
P1020161-2.jpg
P1020154.jpg
P1020162.jpg
P1020156.jpg
P1020180.jpg
P1020182.jpg



■製作概要:
今回のコンセプトはカトキ氏の初期画稿に近づけることを主眼においての製作になりました。
キットは上半身のボリュームが大きく、下半身が細いと言う画稿と正反対のスタイルになってしまっているため、
極端に脚部を伸ばすのではなく上半身のシェイプアップで辻褄を併せています。
また各部(とくに関節)にパネルラインを追加し、密度をUPさせています。

■頭部:
頭部は上下に長すぎる(に見える)のが問題です。
まずはひさしの左右のアンテナを2mmほど削り込み短縮。
フェイスガードの下側を1mmぐらい削り落とし。
フェイスを奥まらせるために干渉する部分を削り、併せてフェイスの位置を少し上げています。
またフェイスの顎をギリギリまで削り込んでいます。
これらの面長を解消する工作とは別に、ヒサシの形状を設定画稿に近づけるために整形しています。

■胴体:
胴体は画稿に比べ短く、そして幅が広いために下半身とのバランスが悪くなっています。
まずは胴体の前後の青いパーツと内部のグレーのパーツをそれぞれ3分割し、幅詰め。
幅詰めの際には画稿のような形状にするために少し角度をつけて接着しています。
腹部はキットを丸ごと削り落とし、エポパテで作り直し。
腰部との接続は「関節技」に置き換えています。
首関節を1.5mm延長。
また胴体再接着の際に角度をつけているのと幅詰めしたことにより背部のバインダーを接続する基部の感覚が
狭くなりすぎるので、バインダーの稼動範囲を増やす意味もかねて3mmプラ棒を使い、
自作のボールジョイントを製作。
BJでバインダーを接続することにより、1軸で回転しかさせられなかったバインダーの稼動範囲が大幅に広がり
ポージングに幅を出すことが出来ます。

■椀部:
ここも全身のバランスを悪くする要因の一つです。
肩アーマーが大きすぎるため上面は一旦全部削り落として削り込んだ後にプラ板で作り直し。
肩アーマーの先端も3mm程度削り込み。
先端を削り込み、スラスターがなくなり内部が丸見えになってしまうのでパテで作り直し。
肩が小さく見えるように胴体との接続軸を2mmぐらい下げています。
脚部を延長したため、腕が短く見えるので肩軸と二の腕の間に1mmプラ板で作ったスペーサーを挟み込んでいます。

■腰部:
腰単体で見ると大きな問題はありませんが、ここもバランスを欠いているため大きく変更しています。
サイドアーマーの外側のパーツをパテで裏打ちした後に削り込み形状変更。
サイドアーマーの基部アーマーを前後で3mm幅増し。
これによりフロントアーマーとの隙間が消えて一体感が出ます。
後述する脚部に併せて股間軸を削り落とし、3mmプラ棒で作り直しています。

■脚部:
画稿と比べ細い部分と太い部分が混在しているためバランスを整えています。
まずは股間との接続ブロックを流用パーツに置き換え、接続をBJから2軸式にしています。
これにより狭かった股間の稼動範囲を広めています。
太股左右の出っ張った部分に片側0.5mmずつプラ板でボリュームアップ。
スネ、フクラハギ等も細いため、内部フレームとの接続部分にスペーサーをかまして合計2mm幅増ししています。
足首の前側を中央で一度切断し幅詰めしています。

■武装:
ライフルは丁寧に塗り分け。
シールドはビームキャノンの砲口を開口し、ビームサーベルをセットできるようにしています。

--------------------------------------------------------------------------------

以前、2個目のデルタプラスを作ろうとしてイメージ通りに行かなかったので放置していたものを
掘り起こして作り直しました。
1個目は随分とスマートに作ってしまったので、今回は画稿の雰囲気に手数を少なくしつつなるべく
似せると言う今思えば無謀なことをしてしまいました。

終わってみれば全部位手が入ってしまってました…orz

バインダーや脚部の稼動範囲も広げつつ、スタイルも及第点にまとめる事ができたと思います。
なにより変形オミットしなかったですしおすし。

今、飛行機状態でおいてますが元に戻すのが怖いです。



来週中頃にオークション出品いたしますので何卒よろしく。
スポンサーサイト

テーマ: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記

ジャンル: 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。