03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

でざいんわーくす出張所

  : 

ほぼ毎日模型

告知エリア

模型の製作代行を承ります

HPを御覧頂いたきお気軽にお問い合わせください。

また、HP記載内容以外でもご質問がございましたらお気軽に以下のアドレスまでお問合せ下さい
acquabbb@hotmail.co.jp(@は半角に直してください)

携帯からも製作代行の問い合わせを受付できるように致しました。
DesignWorks製作代行 (携帯用)
デザインナイフ大好き
上記のQRコードから専用のHPにアクセスできます。
PC用と併せてご利用ください。

△top

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

バンシィ ユニコーンモード 

さしあたってバンシィのユニコーンモードです。
デストロイはファイルサイズやらなにやらの関係でしばしUPが遅れまする。

P1020314.jpg
P1020317.jpg
P1020318.jpg
P1020321.jpg
P1020324.jpg
P1020335.jpg
P1020336.jpg
P1020328.jpg
P1020327.jpg
P1020329.jpg

■全体
HGUCユニコーンを素体にしてバンシィを製作致しました。
メインの工作は特徴的なアンテナと全身のバランス調整。

■頭部
ユニコーンのアンテナをベースとして、バンシィで追加されたアンテナ数本をプラ材で製作。
ベースとしたアンテナはそのまま使うのではなく、一段下がった部分や追加アンテナ取り付け部を加工しています。
製作途中画像にもありますように頭部の大きさと形状を、削り加工で変えています。
追加のヒサシはエポパテで製作。
フェイスの牙状ディティールはプラ材で再現しています。

■胴体
大きな加工はしておりませんがバーニアや関節部分に金属色を使うことで異素材を表現しています。
また全身と共通していますがコーションデカールを左右非対称に貼っています。

■椀部
大きな加工はしていません。
肩アーマーの一部や、肘関節に塗りわけを施すことで密度感をUPさせています。
またマニュピレータをHDMに置き換えています。
(本商品に付属のマニュピレータは左右握り拳、右武器持ち手、左開き手です)

■腰部
サイドアーマー下部のアポジモータはキットですとディティールが何もありませんので、掘り込んでディティールを再現しています。
股間軸を一度切り離し、前側に1mm、下側に1mm移設しています。

■脚部
キットですと膝関節稼動範囲が狭いため、干渉する部分を見た目を損なわない範囲で加工し写真のように稼動範囲を広げています。
足首関節部分で2mm延長。
その際関節周りがスカスカになってしまうためプラ材で関節風ディティールを製作し、間を埋めています。
足首がやや幅広なため、足首外側左右のパーツをプラの厚みギリギリまで削り込み、足首の幅を細くしています。

■塗装
C:クレオス G:ガイア
F:フィニッシャーズ
濃青:Gホワイト+Gブラック+
C色の源シアン+C色の源マゼンタ
バックパック等:Gホワイト+Gブラック+
C色の源シアン
関節等:Gスターブライトアイアン+Gスターブライトシルバー
+Gスターブライトゴールド
金:Gスターブライトゴールド+Cクリアーレッド+
Gスターブライトシルバー
バーニア等:Gスターブライトジェラルミン

テーマ: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記

ジャンル: 趣味・実用

1/144バンシィ(両モード) 

同性愛。
とくに偏見も何もない私。

同性愛者は「結婚」という一つのゴール&スタートは存在しないので
「同棲」するというのが一つの区切りであることは識ってはいましたが
もう一つ区切りがあったのを最近識りました。

「養子縁組」をするというパターンもあったのですね。
目から鱗。

-----------------------------------------

珍しく雑記を交えつつの久々の更新です。

MGデルタは1/100というその大きさにお腹いっぱいになったのでHi-νをちょこちょこ触りつつ
デルタでお腹がいっぱいになりつつも、臓腑の中でユニコーン熱がずっと熱いので
1/144で何か作れないかとこれらをチョイス。

P1020308.jpg

角が増えてます。
両モードとも共通して触ったところは股関節。
軸を片側0.5mm幅増し。
下方に1mm、前側に1mm程度移設。

デストロイモードは上腕と肩ブロックの間に1mmのスペーサーを噛まして延長。
肘関節周りを工作。
足首接続部分で2mm延長。
マグナム2丁持ちをさせたかったのでマニピュレーターを左右銃持ちができるHDMに置き換え。
アンテナはユニコーンのものをベースに削ったり貼ったり。
フェイスガードの外側の下端の厚みを除去。
首関節周りのフレームパーツ(グレーのやつ)を1mmボディ側に下げる加工。

ユニコーンモードは握りこぶしと武器持ち手をHDMに置き換え。
角はデストロイモードと同じく削って貼って。



あと残った工作はデストロイモードのヒサシ製作と基本工作ぐらい。かな?

テーマ: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記

ジャンル: 趣味・実用

MG デルタプラス 

HGUCで2個作ったデルタプラス。
MGでも作っちゃおうということでパチ組みして、気になるところに手を入れつつあります。

小説版が好きな私は兎にも角にも小説画稿イメージにフります。

P1020259.jpg

今のところ頭部、肩、脚を小説版のイメージを再現するべく工作しています。
頭部については下記。

肩アーマーが少し大きいのでまずは先端部のC面分ぐらいを削りこみ。
その後C面は作り直しです。

脚部はふくらはぎの外側を浮かせたいので1,3mmのスペーサーを作り
内部フレームとスラスターユニットの間に噛ませつつ
干渉してしまう部分を削って浮かせています。

足首部で4mmぐらい延長しています。
ソール側にBJのオスがあり、スネ側の関節にメス側があります。
これがずいぶんと埋まり込む形のため、メス側に関節技のサイズがフィットするものを
埋め込んで接続位置を下げることで延長しています。

そうするとでっかい隙間ができてしまうので、そこはソールのBJオスの周りにパテとプラで
関節ブロックを作ってます

P1020242.jpg

頭部は面長に見えるのが何か違います。

頭部はアゴがシャクれているのが猛烈に気に入らないので奥に設置しなおし。
チンガードが大きいのでフェイスに対する割合を下げる加工。
フェイスガードの下側を削り込み。

写真をとった後にトサカ両サイドも削りこんだのでそれはまた後日。

P1020261.jpg

腹部の写真ですがここは唯一オラ要素。
全身のフレームから記号を拾ってきて違和感の無いようにフレームを製作。
ネオジム磁石で製作したフレームを元々の内部フレームに接続させているので
変形の際は取り外せば問題なしです。

あ、それと腰関節の保持力が弱く、かなりグラグラするので関節技[中]に置き換えています。
キットは腰にメス、胴体にオスのBJで接続していますが
内部フレームを作るときの副産物として胴体側にスペースができたので
胴体側に関節技のメスを埋め込んで、腰側にオスを埋め込み。
オスは接着せずに差し込んでいる形なので、引き出し稼動もできるようになっています。


変形を諦めてしまえばもっと思い切った工作ができるのですが
せっかくの完全変形を潰してしまうのは寂しいです。
のでギリギリまで変形は潰さずにスタイルを改善させていこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。